三陸牡蠣復興支援プロジェクト「SAVE SANRIKU OYSTER」



Apacheサーバのインストール

Apacheとは何なのか?その説明はサイトの範囲を超えるので、ここではサーバプログラムとだけ言っておきます。で、ダウンロードからインストールと起動方法、初期設定の簡単な解説をします。

まずはダウンロード

現在、ApacheにはApache1.xApache2.xの2つのバージョンが存在し、共に開発が進められています。ここでは、当サイトが稼動しているサーバがApache1.xなので、これにあわせてApache1.xをダウンロード・インストールしたいと思います。また、当方のテスト環境(パソコン)がウィンドウズ(Windows Me)なので、ウィンドウズにインストールするものとして話を進めます。ウィンドウズ以外のOSにインストールしたい場合は、他を当たって下さい。

まず、Apacheを下記のサイトの「ダウンロード」のページからダウンロードします。

JAPAN APACHE USERS GROUP

「ダウンロード」に行くと沢山リンクがありますが、この中のどこからでもダウンロード出来ます。今回は一番上にある「JAPAN APACHE USERS GROUP(さくらインターネット)」という所から、「binaries/」→「win32/」と進んでいき、一覧の中から「apache_1.3.31-win32-x86 -no_src.msi(執筆時点での最新版)」というファイルを、見付け易いようにデスクトップにダウンロードします。

インストール!

デスクトップに、以下のようなファイルがダウンロードされているので、ダブルクリックしてインストーラを起動します。

ダウンロードしたファイル(ファイル名:「apache_1.3.31-win32-x86 -no_src.msi」)

すると、インストーラが起動して以下のようなウィンドウが開き、Apacheサーバのインストールウィザードが開始されます。

Apacheサーバのインストールウィザード開始画面

ウィザードの流れ
  1. Next」をクリックして次へ進むと、ライセンス規約の同意を求める画面に移ります。
  2. ライセンス規約に同意する場合(同意しないと次へ進めません)、「I accept the terms in the license agreement」を選択し、「Next」をクリックして次へ進みます。
  3. 次に、サーバの情報を入力します。テストのためだけに使うので適当で良いんですが、ここでは、「Network Domain」と「Server Name」の個所には「localhost」と、「Administrator's Email Address」の個所には「webmaster@localhost」と入力して、後はそのままで、「Next」をクリックして次へ進みます。
  4. 次に、インストールの仕方を選択します。ここでは、全部フルインストールするため、「Complete」を選択し、「Next」をクリックして次へ進みます。
  5. 次は、インストールする場所を入力します。「Change」をクリックし、ここでは「C:\」と入力して、「Next」で次へ進みます。
  6. 以上で、インストールの準備が整い、「Install」をクリックするとインストールが開始されます。前の画面で「C:\」と入力と入力しているので、「C:\」の中に「Apache」というフォルダが作成され、その中にインストールされます。
  7. インストールが完了すると、以下のような「Installation Wizard Completed」のウィンドウに変わります。そして、「Finish」をクリックして、ウィザードを終了させます。

Apacheサーバのインストール完了画面

これで、Apacheサーバのインストールは完了です。

起動!!

では早速、Apacheを起動してみましょう。

「スタート」→「プログラム」→「Apache HTTP Server」の中の「Start Apache in Console」をクリックすると、Apacheが起動します。

もしくは、デスクトップの「マイコンピュータ」→「C:ドライブ」の中に生成された「Apache」フォルダの中の、「Apache.exe」をダブルクリックしても同じ様に起動します。


Apacheプログラム


(ドゥブルベクリック)



Apache起動中のコンソール画面

上のようなコンソール画面が出てきて、Apacheが起動します。

「・・・。え?

次に、ブラウザを起動し、アドレスバーに「http://127.0.0.1」もしくは「http://localhost」と入力して下さい。すると、以下のようなページが現れます(ブラウザの種類によっては別言語のページが現れます)。

「Apache インストール時のテストページ」というタイトルで、「あなたの予想に反して、このページが見えているでしょうか?」と書かれたページが表示されます。

このページが現れれば、Apacheは正常に起動しています。

で、今回現れたページの所在は、Apacheをインストールした「Apache」フォルダの中にある「htdocs」というフォルダ内の、「index.html.言語の種類を表す文字(日本語なら「ja」)」です。この中から、自動的に言語を判断し、その言語のページが表示されています。

特別なIPアドレス「 127.0.0.1 」とドメイン名「 localhost 」

また、今回アドレスバーに入力した「http://127.0.0.1」もしくは「http://localhost」ですが、「127.0.0.1」は、自分自身(つまり、今起動しているブラウザがインストールされているパソコン)を表すIPアドレスで、「localhost」がそれに対応したドメイン名(ホスト名)という特別な意味を持ったアドレス(ループバックアドレス)です。

ドキュメントルートとサーバルート

また、今回現れたページが置いてある「htdocs」というフォルダですが、このフォルダを「localhost」の「ドキュメントルート」と言います。

アドレスバーに、例えば「http://www.shigeweb.jp」と入力した際に表示されるページが置かれているフォルダ(ディレクトリ)の事を言います。「http://www.shigeweb.jp/php」と入力した際に表示されるページが置かれるディレクトリは、『ドキュメントルートの中にある「php」というディレクトリ』です。

要するに、インターネットに公開できるトップレベルのディレクトリの事です。

では、最後に、「index.htm」という名前で、以下のようなHTMLを作成し、「Apache」フォルダ内の「htdocs」フォルダの中に保存して下さい。

<html>
<body>
  <em>hello,HODENASU!!</em>
</body>
</html>

で、ブラウザのアドレスバーに「http://localhost」と入力してみましょう。すると、以下のように出力されます。

hello,HODENASU!!

また、Apacheを「C:\Apache」フォルダにインストールしましたが、この「Apache」フォルダを「サーバルート」と言います。

ちなみに、ルートは“根っこ”という意味ですが、“そこから始まる”という意味で解釈します。

終了する

最後に、Apacheの終了方法を解説します。

Apacheのコンソール画面がアクティブな状態で、「CtrlC」で終了します。

以上で、Apacheのインストールの解説は終了です。次のページで、Apacheの設定方法を解説します。

作成日:2004年06月02日 最終更新日:2004年06月02日
【印刷モード風モード で表示】